トップページ組合の事業消防事業・住宅用火災警報器
 
 消防事業
 

消防本部・分署の紹介

予防危険物申請・届出書

違反対象物の公表

救命講習
119番通報 各種訓練 お問い合わせ 消防年報
 

 ■ 住宅用火災警報器

 
 ●住宅用火災警報器の不具合について
 
 
 
  住宅用火災警報器の設置が法律によって義務づけられました。
平成18年6月1日より施行
 
設置場所
 

① 寝室
   普段就寝に使われる部屋に設置します。

② 階段
   寝室がある階の階段最上部に設置します。

③ 3階建て以上の場合
   寝室がある階から、2つ下の階の階段に設置します。
   寝室が避難階(1F)のみにある場合は、居室がある最上階の階段に
   設置します。

④ その他
    銑で警報器を設置する必要がなかった階で、就寝に使用し

  ない居室(床面積7平方メートル以上)が5以上ある階の廊下に

  設置します。

 
取付位置について