この度、弊社のホームページをご覧頂きありがとうございます。
弊社のサファイアガラスにおける匠の技術は、43年間の研究開発の中で時計用サファイアカバーガラスを基本とし、プロジェクターサファイア基板ガラスに挑み、月産80万個体制の生産供給体制を整え、大手企業と取り組み、高度なプロジェクターを市場に12年間供給して参りました。

 これらの生産数量は、当時の時計(30φ) 大きさで加算すると、月産150万個以上(年産すると1.500万から2.000万)の上下面研磨の加工能力に相当します。その当時はサファイアの生産加工数量では世界ーに達する程の勢威です。


 また現在のスマートフォン用のサファイアガラスの普及を見据えるかのように、13年前から高級携帯用サファイアガラスの開発を進め、量産化に成功し、国内で唯一携帯用サファイアガラスまた、スマートフォンサファイアガラスのノウハウを持っている企業です。それぞれ時計カバーガラスの経験、またプロジェクターサファイアガラス基板の技術を生かし日々一歩一歩、次の世代の技術革新に努力しております。

 弊社の最大の特徴は、生産歩留りが99.9%以上の品質を保ち、日本のものづくりの先端を歩んで、また日々研究開発に取り組んでおります。


 また弊社では、数十年間納期遅れゼロという他社では例の無い企業努力を行い、計画的に生産されユーザ一様にご迷惑を掛けない生産体制で製品を供給しております。今後は高品質の歩留りと、確実な納期の生産体制のノウハウを十分生かし、日本国内の時計メーカー様はもちろんの事、ヨーロッパにも営業範囲を広げようと努力をしております。私達中小企業は、同業社ともパートナーを組み、それぞれの会社の特性をより良く生かし、持ちつ持たれつつ協力し、支え合い、それぞれの情報を共有しながら新製品の開発を進め、生き残りを図っておる所です。

 弊社の納期遅れゼロなどの達成、及び信用を図れた事は、弊社の力だけではなく、ご協力を頂いている材料メーカ一様、またパートナーの各企業の皆様のご支援と協力の中で築かれた財産だと心得ております。

 その足がかりとして、昨年度サファイアガラスの最も技術を要する製品の研究開発を行い、新製品の開発に挑み、特許を申請中であります。

 これから弊社は、時計用サファイアカバーガラスの一層の技術向上を図り、私達とパートナーと協力しながら、一歩一歩確実に開発を行い、シェア拡大を図る覚悟です。

 その中で先に申し上げた、スマートフォン用サファイアガラス基板、認証用サファイアガラスの各界の強い要請にどう答えるかが、私達のこの最先端技術、またこれまで43年間経験してきた事を、お客様から求められている事に全力で技術の提供を図って行く事が、これからの私達の責務である事を認識しております。


 私達企業の一番大事にしている事は「すぐやる。必ずやる。絶対やる。」であります。

 今後私達中小企業は、日本のものづくりを世界に売り込み、このサファイアガラスの材質が、最も加工が難しい分野でありながら、値段が高くとも、消費者がこの材質の良さを追い求めている事に生きがいを感じ、新製品の開発に日々努力して参る所存です。

 また各業界から期待され、それに報いる事はものづくり冥利に尽きる所です。今後ともご指導の程宜しくお願い申し上げます。


企業理念|Corporate philosophy

私は39年前に時計用外装部品を初めとする、サファイアガラスの加工開発に着手し、これまでに数知れず用途に使用するサファイアの研磨をして参りました。国内または世界への最先端技術、IT分野に対してもかなりの貢献したと自負している所です。時計用サファイアガラスは2,000種以上の多品種の加工経験があり、加工研磨依頼におけるプロジェクター用サファイア研磨の加工実績は約2500万個および最高級携帯部門、特殊な技術における加工技術能力、LEDサファイアの研磨及び面取りにも当初から着手して参りました。

我が社は今後この分野でも比較的のびる可能性があり、一層の高品質な製品を作る様努力して参ります。これから今までの経験を十二分に生かし、これからの最先端技術で産業界に『研磨技術で21世紀』をスローガンに努力し更に前進する覚悟です。

我が社の実績とテーマ|The track record and theme of our company




品質は歩留まり 99.9~99.99パーセント! 短納期かつローコスト(海外より勝てる)を達成。
"すぐやる 必ずやる 絶対やる" が我が社のテーマです。  


会社概要|Corporate profile


商 号
株式会社 秋田研磨工業
創 業
昭和60年5月
資本金
3,000万円
代 表
代表取締役社長  阿部 忠雄
本社
〒019-0402 秋田県湯沢市相川字街道西15-5
TEL
0183-79-2001(代表)
FAX
0183-79-2112
取引銀行
秋田銀行 湯沢支店
事業内容
基盤サファイア研磨 (時計 携帯 外装部品)
サファイア無反射コーティング
サファイア蒸着
サファイアウエハ 面取り研磨 (2インチ、3インチ、4インチ、5インチ、6インチ)
サファイアウエハ、シリコンウエハ、水晶外周研磨 (2インチ、3インチ、4インチ)
サファイアベルヌイの切断および特殊加工
新素材研磨テスト
ガラス水晶 石英 白板 青板 その他 (各種研磨および芯取り)



製造一課 サファイアガラス プロジェクター
製造二課 時計用カバーサファイアガラス
製造三課 電子部品 電子工学部品 ガラス研磨加工
開発室  技術研究所
会議室受付展示コーナー

応接間社員食堂

沿革|History



昭和60年 05月
電子部品の生産工場として秋田研磨工業設立
  61年 11月
増産の為「羽後工場」を設立
  62年 05月
資本金400万円で株式会社とする
  63年 09月
増産の為、本社工場を一部3階に増設
平成02年 05月
現住所地に本社工業を移設
  02年 07月
資本金1,200万円に増資
  02年 08月
時計の針加工の生産開始
  02年 09月
プレスの生産開始
光学ガラスの生産開始
  04年 11月
資本金3,000万円に増資
  06年 07月
新工場増設
  06年 11月
福利厚生棟新設
  07年 05月
羽後工場を本社工場に移設
  12年 09月
技術研究所設立
  12年
プロジェクター用サファイア
ガラス研磨 生産開始
  13年
プロジェクター用サファイア
ガラス研磨 30万個体制の
設備を整える
年間350万個の実績達成
  13年 04月
秋田週間新聞記事掲載。 " (株)秋田研磨工業と阿部忠雄社長の軌跡"
  14年
プロジェクター用サファイア ガラス研磨 50万個体制の設備を整える
年間550万個の実績達成
  15年
プロジェクター用サファイアガラス研磨 80万個体制の設備を整える
年間750万個の実績達成
  19年
高級携帯用サファイアガラスの設備開始
  22年 03月
「再結晶ルビー」の都市コートリングが、カシオG-SHOCKのMR-Gで採用

地域雇用に貢献|Contributing to regional employment






環境への取り組み|Commitment to the environment



きれいな水と空気は精密工業にとっては、高度な製品を生み出すための欠かせない環境条件となっています。
その環境が整った我が社が生み出す製品づくりには、自信と誇りを持って取り組んでおります。
地図技術研究所




 


PAGE TOP